【腰痛】調布整体院 彩~いろどり~おすすめ腰痛セルフケア 原因編

2019/06/27 ブログ

調布の腰痛専門整体院  彩~いろどり~
院長の内田です。


腰痛になりやすい人の特徴として、
座っている時間が長いは
腰痛になりやすいです。


ではなぜ長時間座っていると
腰痛になりやすいのでしょうか?


それはズバリ、
「股関節が硬くなり、腰の負担が増える」
からです。


座っている状態というのは、
多くの方は背もたれに身体を預けたり、
楽に感じる姿勢をとるために
骨盤は後ろに傾いている状態です。


そうしますと股関節周辺の
太もも裏の筋肉の「ハムストリングス」や
内ももの筋肉の「内転筋」が長時間使われず
収縮した状態で硬くなります。


これで硬い股関節の完成です。
股関節が硬いとどうなるのか。


座っている姿勢では股関節が硬く
カラダを支えることができません。


その分、腰が頑張ってカラダを支えています。
つまり、腰には余計な負担がかかっている状態です。


また立ったり座ったりする時も
通常ですと、股関節と腰が連動して
これらの動作をします。


しかし股関節が硬いとその分
頑張って腰が動かないといけない訳です。
ここでも腰に余計な負担が
かかっていますよね。


これが股関節が硬くなって
腰が痛くなるメカニズムです。


ですので、この場合は腰のストレッチよりも
股関節のストレッチの方が効果があります。


では肝心の股関節のセルフケアの方法ですが、


長くなってしまったので
次回お伝えします。笑


 



【調布整体院 彩~いろどり~】
友達募集中!!
SNSはコチラ↓↓↓
Instagram➤https://www.instagram.com/uchida_irodori/
Facebokk➤https://www.facebook.com/profile.php?id=100002879113651


京王線『調布駅』から徒歩3分