【調布の腰痛女性必見】~股関節~

2019/10/08 ブログ

調布の腰痛整体院 彩~いろどり~
院長の内田です。


今週の3連休は
台風が来るかもしれない
みたいですね。


お出かけされる方は
今後の情報に
ご注意ください。


今回のテーマは
【腰痛】です。


特に女性の方は
ある筋肉が固まりやすく、
それが原因で
腰痛を引き起こすケースが
多いです。


その筋肉とは、


【腸骨筋】です。




 

場所は体の前側に
出っ張った腰骨が
あります。


その指1本分内側に
ある筋肉です。


ではなぜこの
腸骨筋は女性が特に
かたくなりやすいのか?


理由は2つあります。


まず1つ目の理由は、
女性は内股、もしくは
横座りをすることが
多いからです。


この腸骨筋を
触りながら内股や
横座りをしてみて
ください。


おそらく硬くなると
思います。


つまり、


負担がかかっていると
いうことです。


そして2つ目の理由は
女性は反り腰になりやすく、
結果下っ腹がぽこっと
前に出やすいです。


結果、内臓が下の位置に下がり、
この腸骨筋を圧迫する
ケースが生まれてきます。


これが女性が
腸骨筋を固めやすい
理由です。


そこで、今回は
自分で出来る、
腸骨筋のセルフケアの
やり方をお伝えします。


①まず仰向けになり、
両ひざを立てます。

②次に腸骨筋を
触ります。

右手で右の腸骨筋、
左手で左の腸骨筋を
触ります。


腸骨筋の触り方は
前側の腰骨を起点として、
指1本分体の内側、
そこから指1本分下に
いったところです。


その部分を
人差し指、中指、薬指
3本位使って
床方向に押します。


③押した上体で両ひざを
開いたり閉じたりします。


 

④これを10回行います。


これが腸骨筋の
セルフケアの方法です。


腸骨筋はストレッチもいいですが、
直接の方がほぐれやすいので
みなさんぜひ試してみてください。


 


【調布の腰痛整体院 彩~いろどり~】
■慢性腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、
■ヘルニア、すべり症、産後の骨盤矯正
■肩こり、四十肩、五十肩、肩の痛み
■頭痛、疲れ、O脚、小顔矯正


等のお悩みをお持ちの方は
いますぐご相談ください♪

TEL:070₋4488₋0616