【腱鞘炎】調布で指や手首が痛い方におすすめのブログ

2019/11/17 ブログ

調布整体院 彩~いろどり~
院長の内田です。


今回は、
『腱鞘炎』について
お話しします。


あなたは、こんな悩みが
ありませんか?


✅パソコンやスマホを使う
 機会が多い
✅産後で赤ちゃんを抱っこする
✅ピアノを演奏する時間が
 長い
✅ボールを握る等、ボルダリングの
 指に力を入れるスポーツをしている


上記に該当して指や手首が
痛い場合、
あなたは、『腱鞘炎』かもしれません。

 

■【腱鞘炎】そもそもどんな症状?


そもそも『腱鞘炎』って何??
という方も多いと思います。


とてもざっくり
分かりやすく説明すると、


「手や指の使い過ぎで
起こる手、指、手首の
痛みです。」



 

もっと詳しく知りたいという
方はコチラを参照してください。


https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_289.html
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/51_kensyoen/


みなさんが痛みの出る
メカニズムを詳しく
知る必要は腱鞘炎では
ありません。


要は手の
使い過ぎです!!
(2回目)

■【腱鞘炎】どういう人がなるの?


『腱鞘炎』
手の使い過ぎで起きます。
(3回目)


したがって、当たり前ですが
手や指を日常良く使う人が
なりやすいです。


・産後のママさん
・デスクワークの方
・スマホを1日何時間も
 使用する方
・ピアノ等、指をよく使う
 楽器を演奏するかた
・ボールを握る競技や
 ボルダリング等指でつかむ
 動作のある競技


腱鞘炎』は靭帯等も
影響する症状です。


したがって女性ホルモンの影響を
受けやすく、


・更年期の女性
・妊娠中の女性


は『腱鞘炎』を起こしやすいです。

■【腱鞘炎】なぜ良くならない?


腱鞘炎』でお悩みの方の特徴として、


腱鞘炎』による痛みの
期間が長い!!


というのがあります。


調布の病院や整体に行っても
なかなか良くならない・・・


そう感じている方は
多いと思います。


ではなぜ、
腱鞘炎』はすぐ良くならない
のでしょうか?


理由は2つあります。


1つは日常生活で
手や指の使用を減らすのは
困難だから。


2つ目は
指や手に余計い負担のかかる
カラダの使い方、環境に
なっているからです。


1つ目は説明するまでも
ないですよね。


「いや~、
今日手使わなかったな~」


なんて日ありませんよね?笑


そして2つ目の理由ですが、
考え方として、


腱鞘炎』になってしまったのも
あくまで結果です!!


結果的に指に負担が
かかり過ぎているだから、


指に負担がかかり
過ぎないような
カラダの使い方をする。



指や腕以外の所も
施術して整えて
腕や指がちゃんと働く
ようにする。


これが腱鞘炎を防ぐ
大きなポイントでもあり、
痛みを減らすコツです。

■【腱鞘炎】
調布整体院 彩式
予防のコツ


では肝心な指に負担を
かけすぎないカラダの
使い方を説明します。


ここでは調布整体院 彩~いろどり~に
来られる方達の中でも多い、


・デスクワーク
・スマホの使い過ぎ
・赤ちゃんのだっこ


上記の理由で『腱鞘炎
なりづらくなる
コツをお伝えしていきます。


デスクワーク時の
 ポイント



デスクワークで手を痛める方の
特徴は、


「キーボード・マウスの使い方」


にあります。


下の写真のように、
手首付近を支点にして固定し、
キーボードやマウス操作を
行うのが一番指に負担が
かります。


この姿勢ですと、
手首を少し上に傾ける
形になってしまいます。


このように手首を上に
傾けると、


指を動かす筋肉のある
(※指を動かすのは
指の筋肉ではありません)
前腕(手首~肘付近まで)の
筋肉が固まってしまいます。


その指を動かす
筋肉を固めた状態で
更に指を長時間動かす。


指に負担がかかるのも
無理ないですよね。


これらの対策としては、


・手首を支点にする
 時間を少なくする


・キーボードやイスの高さを変え、
 肘を直角にして手首がまっすぐくる
 位置に調節する


・可能であれば
 肘置きがある椅子に変え、
 肘を支点にして負担を
 減らす。


・マウスをトラックボールや
 手首の負担の少ない
 エルゴマウスに変える
 (参照:https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-MA059)


上記のことだけでも
手や指の負担が全然
違ってきます。


ぜひ試してみてください。

・スマホの指の使い方

人によりますが、スマホを使用する時、
片方の親指だけでスマホ操作する方が
多いです。


そしてスマホで『腱鞘炎』になる方は
ほとんどと言っていいほど、
この指の使い方をしています。


ここで参考にするのが
女子高生や女子大生です。


彼女らのスマホを打つ
スピードと言ったら
我々大人の倍以上
早いですよ!!


彼女らが早く打てる理由は
両手を器用に使っているからです。


両手なら単純計算で
負担が片手より半分に
なりますよね。


スマホを使う時間が長い方は
ぜひ両手使いをマスターして
ください。

・赤ちゃんの抱っこの仕方

赤ちゃんを出産後は
どうしても長時間
抱っこをしなければいけません。


ここで腱鞘炎になりやすい
ママさんは赤ちゃんを
抱っこする時に、


必ず自分の親指の力を
入れ過ぎて抱っこしている
傾向があります。


親指で赤ちゃんを支えようと
すると、


腕の力がうまく使えなくなり、
結果、手や手首の力がメインで
赤ちゃんを抱っこすることに
なります。


反対に親指を使わず
他の4指で親指はそえるように
抱っこをすると、


腕全体が使えるようになり
手や手首の負担が減ります。



左手親指はそえるだけ』
(某有名バスケ漫画の主人公のメイ台詞
から引用)


 

■調布整体院 彩おすすめの
セルフケア



ここではセルフケアとして、


①前腕のストレッチ
②胸のストレッチ


をお伝えしていきます。


まず①の前腕のストレッチからです。
やり方は簡単です。


・肘を曲げず腕を前に伸ばします。


・反対の手で4指(人、中、薬、小指)
 を自分の方に反らしまます。

 

・前腕が伸びている感じまで
 伸ばし30秒キープします。


これが、前腕のストレッチです。


前述しましたが、
前腕の筋肉は指を動かす
筋肉ですので、



ここを緩めていくことは
腱鞘炎にとって密接に
関わってくるポイントです。


 

②胸のストレッチ


続いて胸のストレッチです。


なぜ手や指が痛いのに
胸のストレッチをするの?
と思いますよね。


実はこれは
筋肉の繋がりを利用した
ものになります。


前腕というのは
当然そこかえ存在
しているものでは
ありません。


力こぶの筋肉が出る
「上腕」とくっついて、


その上腕は胸の筋肉と
くっついています。


ここの胸の筋肉が
縮んでいると、


腕全体が内側にねじれてしまい、
何もしなくても筋肉が
緊張してしまいます。


したがって
土台を整えるためにも
胸のストレッチをする
必要がある訳です。


やり方は、
・下の写真の通り、
 手のひらを上にして
 腕を伸ばします。


・小指が壁にあたるようにし、
 伸ばした手と反対側に
 カラダをひねり腕を
 さらに伸ばします。


・この状態を30~60秒
 キープします。


これをやると結果的に
指や手の負担が減るので
試してください。


 

■まとめ


 

いかがだったでしょうか?


腱鞘炎についてまとめますと、


・腱鞘炎は要は手や指の
 使い過ぎ



・腱鞘炎になったのは
 あくまで結果。 

 

・手や指に負担のかかる
 癖や環境になっている

 

ということになります。


ぜひここに書いてあることを
実践して『腱鞘炎』を
予防したり、良くしてください。
 



【腱鞘炎】調布整体院 彩~いろどり~

TEL:090₋4817₋9434
Instagram始めました➤https://www.instagram.com/uchida_irodori/


調布整体院 彩~いろどり
口コミや場所のご確認は

⇩⇩⇩を押してください。


京王線『調布駅』から徒歩3分の整体院です。